ついに判明した地球上の生物種数(数学的アプローチによる研究)

数学的アプローチで検討された結果、地球に生息・生育する動植物の種数が分かったらしい。これまで予測されてきた諸説に対して、かなり正確な予測であるとのこと。
今回明らかにした生物種数は次の通り。

今回明らかにした生物種は870万種
現在までに発見され分類された生物種数は約125万種であるから、残り700万種以上が未発見の状態だ。

ちなみに、これまでの生物種数の予測は300万種〜1億種と幅がある。個人的には、オーウィンが主張した昆虫だけで3000万種というのが妙に印象に残っている。


考えてみれば、人類未踏の地もあり、熱帯雨林では種多様性がハンパないほど凄まじい。微生物や昆虫は途方もない数になるから、125万種を分類しただけでも結構すごいことだろう。

まあ、最近でも、発見しやすい中型・小型哺乳類で新種が見つかったりしているから、「新種発見の旅」に終わりは見えない。
今後も分類学者の役割の重要性が増すだろうね。

それにしても、今回の研究結果のまとめ的な部分がすごい。
陸の生物の約86%、海の生物の約91%が、まだ見つかっていない計算だという。

先は長い。


posted by エコる at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生物多様性保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。